TOP > 川崎のスグにヤレる女情報

川崎のヤリマン情報!スグにヤレた女

ヤリマンの画像

「〇ちゃん」を見ていて(笑)「すぐにヤレる女」「ヤリマン」として話題に登っていた川崎の女の情報を興味深く見ていました。
良く良く見てみると、何と僕がいつも使っている「ハピメ」の中に存在するって事じゃないですか!全く見たことがない!と衝撃を受けた僕でしたが、普通に利用しているだけでは見る事もなかったでしょう。
それは彼女が掲示板に書き込みをするのが「火曜日の朝6時」だけだったからです。しかも即会コーナーではなく、普通にピュア板に書き込みしているそうで。僕には全く無縁の世界でした(笑)
〇ちゃんの情報は、結構いい加減な部分もある訳でして。

出会いの画像

しかしその時の僕は、滅法ホンキだったので(笑)ちゃんと早起きして待っていると、本当に「〇か」って女の書き込みがあったので、即メッセを入れておきました。
「あなたがイチバンだったので、あなたに会います」って一方的に返信があり、その日の午前10時に駅前で待ち合わせとなりました。で、実際にきちんと彼女は待っていたのです。
どんなクソ女がやってくるのか?と思っていると、至って普通、いや、普通よりも少し上の女が待っていました。

女性の写真

〇ちゃん情報では、金は「1万」のみ渡せば良いって事を書いていたので。僕も銀行の封筒に金を入れて彼女に渡しました。すると「あれ?この方法・・以前お会いしましたか?」って質問されて、それが「お得意様」のやり方だと悟った訳です(笑)
出会って僅か40分。殆どほくろもない綺麗なカラダを、僕の唾液で汚していきました。乳首は主張しない程度の綺麗な乳白色でしたが、思いの他感度が良くて。軽く噛んだりするだけでアソコからシーツに向かって愛液が垂れているのでした。

>> 最新記事 川崎の裏風俗!堀之内のちょんの間潜入ルポ






管理人の最近のコラム

私「そうか、そしたら私の精液くらいは受けとめられるね」
N「あぁ、欲しい…あなたの精液で淫らなおま○こを満たして…」
そしてそこから私がイクまでは、動画を撮影しながらハメました。
私「さあ、イクよ。どこに出されたいか言ってごらん」
N「…あぁ!…私のナカに出してぇ!いっぱいザーメンで満たしてぇ!」

ドクン、ドクン…
私の精液が放出されます。
彼女もそれに合わせて震えます。
私の肉棒が脈動しなくなるまで入れ続けました。
そして抜きとったあとに
私「出した液が漏れてきてるぞ。ちゃんと舐めとりなさい。」
N「はい…」
と言って、自分の蜜壺から溢れる精液を指ですくいとって、舐めていきます。
私「どんな味がする?」
N「苦い感じと、ちょっとしょっぱい感じ」
私「しょっぱいのはNの愛液のせいだね。でも、苦さはちゃんと覚えておくんだよ」
N「はい、あなたのザーメンの味、美味しい…」
私「今度直に飲ませてあげるから楽しみにしてなさい」
N「他の人のは飲みたくないのに、あなたのなら飲みたいって思える」
私「おそらくそれもヤミツキになるよ」
N「そうかも。あなたといると、オンナとして産まれてよかったってどんどん思えるようになってる」
なんで不感症気味なのかを聞いてみたら、初めての相手からして残念だったらしい。
彼女の初めては、ハタチくらいの酔った警察官二人にナンパされて、その一方の家に連れ込まれて、なかばレイプ気味に奪われたものだったそうです。
そりゃあイヤだし、セックスをいいものとは思わないわな。
しかも警察に対する信頼もなくすわな。
私「そんなイヤな記憶はフッ飛ばして、私のち○ぽでイケるようになったことを思い出にしなよ」
N「うん、もうそうしてる♪(笑)」
そうしてまた世間話をしてるうちにムクムク立ってきて、またハメちゃいました。
この日は4時間で3回ハメました。
3回とも中出しで。
帰るときには、
N「なんかマヒして、ずーっとおち○ちんが入ってるみたい」
と言ってました。
私「もう(私がいるから)お店で他人とえっちする必要がなくなったね」
N「うん、もう(お店を)辞めるまで誰ともえっちしない」
と言ってました。
また機会が合えばかるーく調教します。