TOP > 川崎の出張メンズアロマで本番に挑戦

出張メンズアロマで本番できたコンパニオン

ネットで風俗を検索していると、川崎でも「メンズアロマ」と称する風俗業が、目立つようになりました。

ところで「アロマ」ってなんなんでしょう?

HPを読んでみると、薬効成分の多い植物から抽出された「精油」のことをそういうらしいです。

出張メンズアロマの画像

そんな強烈なオイルをチンコに塗りつけてどうしようといいのでしょう(笑)。

俄然興味がわいてきて、とあるメンズアロマ店に電話をし「アロマ・セラピスト」を派遣してもらいました。

風俗の画像

やってきたのは、年齢25才といったところでしょうか、スレンダーでなかなか美形の女子でした。

施術のまえには、まずアロマオイルの効能などの説明があります。

でも、それがいい加減な講釈であることはすぐにわかりました。

だってこの女子ったら、「静脈(じょうみゃく)」のことを「セイミャク」といったり、胃下垂(いかすい)を「イカダレ」とかいってるんですよ(笑)。おいおい「イカダレ」ってなんだよ。焼肉のタレかよ。漢字くらいちゃんと読めよ、バカ。

だいいち、真面目にアロマオイルを学んだ女子が、Tバックにおっぱいまるだしで施術するわけありませんよね(笑)。

おそらく「メンズアロマ店」が雇ったデリヘル嬢に、適当な知恵をつけ「セラピスト」なんていって送りだしているだけなんです。いや、私的にはそのほうが嬉しいわけですが。

とにかくそのようにして問題の施術が始まりました。

女性の写真

その女子は「回春効果がなんちゃらかんちゃ」とか「三陰交を刺激するとどうたらこうたら」と、知ったかぶりの御託を並べながらマッサージをしてくれました。

でも、なにしろ彼女はど素人です。本物の施術師じゃありません。なので、ちっとも気持ちよくありません。ツボを外しているし、指の力が弱すぎるんです。

まあ、私の求める「気持ちよさ」がべつにあるからそう感じてしまうのかもしれませんが(笑)。

そうこうしているうちに、彼女の手がようやく睾丸から蟻の門渡り、そしていよいよ本命のチンコを揉み始めました。

あれ? なんかおかしい。

これがアロマオイルの効果なのでしょうか。異様にチンコが熱くなってきました。と同時にチンコ内部がミシミシ音をたてるように硬くなっていきます。しかも、それは尋常な硬さではありません。

この女子も私の反応(とチンコの大きさ)に、驚いたようで、

「なんだかすごく立派でお元気ですね」

などと、セラピストらしからぬ言葉を呟きました。

私的にはもう手コキなんかでは満足できそうもありません。

「これ、オプション料金ということでお願いできないかな」

女子のTバックに5千円札を挟んでいいました。

「……フェラですか。本番ですか」

「両方」

「……」

欲張りすぎたかな、と思ったんですが、彼女はけっこう話のわかる「施術師」でした。

するするとTバックを脱ぎ去ると、素晴らしいフェラーリと騎乗位をお見舞いしてくれました。

それがアロマの効果かどうかはわかりませんが、射精後も私のチンコはすぐに復活してしまい、

「もう一発だめかな?」

と頼んだところ、

「調子乗りすぎ」

と怒られました(笑)。

>> 最新記事 川崎の裏風俗!堀之内のちょんの間潜入ルポ