TOP > 川崎の変態人妻とセックスした体験談

川崎の変態人妻とセックスした体験談

変態人妻の画像

「男の人は、ここをこうやると・・」と言ってネイルでデコられた指を僕の肛門へ挿入しようとします。一瞬「大丈夫かな?」と思った僕でしたが、見た目と裏腹に、結構受け身な僕(笑)。黙って彼女の行動を薄目で静観していました。
「お尻の穴って結構だらしないのね」と彼女は僕の肛門を「肛門科の先生」ばりに観察しています。ローションを塗った指が僕の中に入る感触があります。「あ!少し入った」と喜びの声を上げる彼女。思ったよりも、デコった爪の感触は伝わってきませんでした。「思ったよりも大丈夫」この判断が、この後になって後悔の念に駆られる事になろうとは、全く想像もしていませんでした。

セックスの画像

ハピメで知り合った人妻。32才ですが、容姿端麗、子供がいるとは想像も出来ない程の派手な容姿。ライン交換しましたが、なぜか金のかかる「電話」を選ぶ所まで、全てが「アクの強い」女でした。
「今ね〜なにしてるかわかる?」って僕に意地悪な声で尋ねてくる彼女。「なに?」って僕が尋ね返すと、「う〜ん、今ね、洗濯物干してるの。新しい下着・・面積小さいからはみ出ちゃう」と明らかに「挑発」的な発言を繰り返し、僕の反応を楽しんでいる様子です。

女性の写真

こんな事が繰り返され、「もー我慢出来ない!」って僕が助け舟を出すと、「仕方ないから・・でもちょっと今生活に困ってて・・」って大体想像出来る展開に持ち込まれるのですが(汗)
実際彼女は超が付く程の「変態人妻」だったんですが。どうも彼女とのセックスの後から「肛門」が痛い。特に排泄の時に激痛が・・。
「あなた〜。これってどうやったらここまで酷くなるの?」今度は本職の「肛門科」の先生に尋ねられて、どうやって説明するか?悩む僕でした・・(涙)

>> 最新記事 川崎の裏風俗!堀之内のちょんの間潜入ルポ






管理人の最近のコラム

この1週間の間にヘルスに3回も行ってしまいました(-_-)
※行き過ぎだろ!
仕事が忙しくなればなるほど、せふれちゃんには会えず(:_;)、でも性欲が増すばかりで、思わず門を叩いてしまってました(笑)
結果から言うと、
最初の2回は残念極まりなく(?_?#)
昨日(金曜)は過去最高クラスのヒットでしたo(^-^)o
※この最高クラスは、後日、日記にてアップします。
まぁ、思ったことは…
肌と肌を合わせるせいか、仕草、話し方だけでなく、細かい部分への気遣い、プレイの内容などからもその人の人間性がものすごく出ますね。
あ、スタッフの対応もそうです。
私は基本的には新規開拓派なので、いろんな店に行きます。
どのようなサービスを行うのか、料金はどうなのか、案内サイトなどからの特典との整合性などもわりと細かく聞いてます。
そこに対して、スタッフが真摯に対応してくれる店は、たいてい中身(女性)もよいことが多い。
逆にテキトウ、というか「ウチはこうですから!」みたいな雑な対応をする店は、やっぱりな、と思う女性が出ることが多い。
そして、このような傾向は、フロアレベルで波及し、ヘタすると店舗の入っているビルレベルにもなる。
面白いくらい、隣りの店も似た感じになるんですよねぇ(笑)
今、私が行きつけにしているのは別々のビルで3店舗ほど。
この3店はハズレがかなり少ない。
今回、素晴らしかった女性はやはりこの3店舗の中の女性でした。
さ、人のフリみて我がフリ直そう☆
そして腰のフリは柔軟に(笑)